Navigation | Seiteninhalt | Zusätzliche Informationen

Seiteninhalt

Presse-Information

2022年 マーチ 14

InnoTransポッドキャスト: ブレーキから発生する細かい粉塵を削減

多くの都市では、大気汚染、特に細かい粉塵による汚染が深刻化しています。フランスの新興企業Tallano Technologie社は、細かい粉塵の排出を90%削減する自動車や鉄車のブレーキシステムを開発しました。CEOのChristophe Rocca-Serra氏が、その仕組みについてポッドキャストでお話しくださいました。このエピソードは、2022年3月15日からオンラインで公開します。

「自分がしていることが重要であると100%確信していること。これが、毎日目を覚まし、業界に新しいものを導入しようとするために必要な唯一のことです。」とTallano社のCEO兼創設者であるChristophe Rocca-Serra氏はモチベーションについて説明します。12年前、彼はこれまで公衆衛生上の認識がほとんどなかった、車や電車のブレーキによって引き起こされる細かい粉塵の排出問題への取り組みを始めました。

「ブレーキは、ウイルスほど小さな金属粒子を放出します。この粒子が小さければ小さいほど、体の奥深くまで入り込み、とても危険なのです」とRocca-Serra氏は説明します。そもそも細かい粉塵が出ないように、Tallano社のブレーキシステムは発生源に直接作用します。「ブレーキパッドを改造し、ブレーキパッドから発生する細かい粉塵を吸い取ります。それと同時に、ブレーキパッドの温度と圧力を測定し、ブレーキパッドの交換時期を予測するのです。」

InnoTransのディレクターKerstin Schulzによると、「ポッドキャスト以外でも、レポートやInnoTransデイリーニュースレターなど、InnoTransの他のメディアでも、Tallano社のような革新的企業について報じられています」とのことです。InnoTransレポートは、業界のニュースやイノベーションをレポートするB2Bの業界誌です。今年度は4回発行し、HPやアプリでご覧いただけます。InnoTrans デイリーニュースレターでは、InnoTransの来場予定者に最新の情報を提供しています。

これまでのInnoTransポッドキャストのエピソードは、InnoTransのHPに公開されています。詳しくは、LinkedInTwitterのInnoTransプロフィール、およびInnoTransブログをご覧ください。

InnoTrans について

InnoTrans は2年毎にベルリンで開催される国際鉄道技術見本市です。 前回は、61 ヶ国  3,062 の出展者が参加し、149 ヶ国から153,421 人のビジターが来場して、世界の鉄道業界の革新技術について情報を集めました。本見本市は、Railway Technology(鉄道技術)、Railway Infrastructure(鉄道インフラ)、Public Transport(公共交通)、Interiors(インテリア)、Tunnel Construction(トンネル技術)の 5 つの部門に分かれています。InnoTrans はメッセ・ベルリンが主催します。第 13 回 InnoTrans は 2022 年 9 月 20 日~ 23 日の期間、メッセ・ベルリン国際見本市会場で開催されます。詳細については www.innotrans.com をご覧ください。